develop free website

短時間で出来るダイエットのための運動→ウォーキング


ダイエットを効率的に行うのに欠かせないのが運動です。 
どのような点に注意して行えばよのでしょう。そして、どんな運動が良いのでしょう。

運動ダイエットのポイント
 
なにより継続がものをいうダイエット。運動にしても同じです。
それを邪魔するのが「面倒くさい」という気持ちです。
 
・着替えて・化粧して・ジムに行くのが面倒くさい。
 
・着替えて・化粧して・ジョギングに出るのが面倒くさい。
 
・天気が悪いから面倒くさい。
 
理由はいろいろありますね。
そう、面倒くさいがすべての予定をぶち壊すのです。

自宅で出来る運動を取り入れよう
 
もっともハードルが低いのが自宅でのトレーニングです。
出かけなくていいし、なにより化粧しなくてもいいです。
悪天でも関係ないし、思い立ったらすぐに始められるので、スキマ時間でも実施できるのが強みです。
 
あえてジムに通うのもあり
 
ただし、自宅だとプレッシャーには欠けるので、自制心に不安がある場合は逆にジムで他人の目があった方が続けられるかもしれません。
その辺は、自分のタイプによって使い分けましょう。
 
友人に宣言してプレッシャーを得よう
 
リアル友人やSNSでのゆるい繋がりのネット友達でもよいので、ダイエットを始めたことを宣言してみましょう。
友人に知られることで、途中で挫折しにくくなる効果があります。
 
インスタ映えで、自分のボディも映える様になりましょう♪
Mobirise
短時間で出来るダイエットのための運動→ウォーキング
 
<手順>
(1)やや前方を見て、背筋を伸ばして歩きましょう。
(2)「かかと」から着地して、「親指」で地面を蹴るように歩きましょう。
(3)軽く会話が出来る程度の早歩きで歩きましょう。
 
<補足>
運動の基本中の基本です。運動が苦手な人も歩くだけならいけますよね。
普段の生活で歩く時に気を付けて歩くと効果的です。
もちろん、ウェアやシューズを用意しての本格的なウォーキングは効果が高いです。

運動ダイエットの勘違い
 
最後に、運動ダイエットのよくある勘違いを正しておきましょう。
 
・運動ダイエットは食事制限がいならい
 
そんなことあるわけありません。運動で消費した以上を食べているようでは永久に痩せません。
もちろん、食事で得たエネルギーを超えた運動量をこなすなら別ですよ?いきなりそんなこと出来ます?
 
・筋トレは無酸素運動がから痩せない。
 
ある意味では間違いではないのですが、筋肉量が増えないと基礎代謝が増えずリバウンドしやすい体になってしまします。
無酸素運動で筋肉量を増やし、有酸素運動で脂肪を減らす。これがダイエットの基本です。
 
・有酸素運動は20分以上必要
 
これもある意味間違いではないですが、短時間でも脂肪は燃焼されるので無意味ではありません。
20分以上継続するとより効率的に脂肪が燃焼するという事です。
 
正しい運動ダイエットを!
 
間違った運動では、効率が悪くなってしまいます。より短時間でより大きな成果を得るために、正しい運動ダイエットを実行しましょう。

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

ダイエットは永遠のテーマ
Don’t compare yourself to others. Compare yourself to the person from yesterday. 


© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved